スイッチ交換・修理は【スイッチ110番】にお任せ下さい!|スイッチのタイプを間違えないように

会社概要

年間施工実績 3,000件以上
ご相談無料・24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-950

フリーダイヤル0120-949-043

最新情報・レポート

【スイッチ交換・修理】なら24時間全国対応《8,400円~》のコラム記事ページです

スイッチのタイプを間違えないように

『スイッチ』は照明の点灯などで毎日使っていますね。シーソーのような左右をパチパチと切り替えてON、OFFをするスイッチもあれば、会社などに多いように、四角いパネル内に沢山のスイッチが入っていて部屋の名前が書いてあるところを押す度にON、OFFが替わるスイッチもあります。このようにスイッチにもいくつかの形や特徴があります。ところで、新築工事では時々このスイッチに関係した失敗が起こることがあります。それは出入口が2つある部屋や階段に設けるスイッチです。設計図上では出入口に1個ずつ、階段の上下に1個ずつ設置する指示通りに設置したとしても、そこに一般のスイッチをつけてしまうと、一方でONをしたらまたそのスイッチをOFFしないと消せないという現象がおきます。階段を登る時にONにして登った後にOFFにしようと思っても、消すためにまた下りなければならないという「使えないスイッチ」になってしまうのです。こうならないためには「3路スイッチ」というタイプのスイッチを設けなければなりません。この3路スイッチを採用することで、一方でONしたスイッチをもう一方でOFFすることが可能になります。このように何気なく使っているスイッチですが、種類を間違えると全く使い勝手の悪いものにも成り得ます。スイッチを新設したり交換する時は、どのタイプにすべきかを業者さんに相談しましょう。